株式会社 七旺社

TEL:078-575-5212E-mail:info@shichiou.co.jp

制作室より

私たちのお出しする校正は少しお節介です。

当社がお客様に校正をお出しする時、校正紙やお預かりした原稿に付箋が貼られていることがあります。
私達はお客様から原稿をお預かりした際、一度も原稿に目を通すことなく作業を始めることはありません。
この付箋は私達が作業をしている際に気付いたことをお客様に確認するためのものです。
仮名や数字の全角・半角の表記から、語尾・語彙の統一や写真の補正、修正についての『提案、質問事項』など作業中に気になったことをお客様にお知らせするようにしており、お客様にお喜びいただいています。
気付けないこともあるのですが、これからもお客様に「七旺社に頼んでよかった」と言っていただけるよう、制作室一同切磋琢磨していきます。
 
 

お客様の声ご紹介. . .

学校広報誌を編集中、写真の中の子どもの手が一部写っていないと気付いて . . .

お客様からお預かりした写真で子供の手が一部写っていなかったので、全体が写っているように加工し「よろしければこちらの写真に差し替えさせていただきますが」と提案しました。その結果、ご担当者から「保護者の方にとても喜んでいただいた」と、喜びのお声をいただきました。
展示会直前に大幅修正が発生して. . . 「久しぶりに感動しました!」
ほぼ完成まで進んでいたのですが、合同営業作戦会議にご参加いただき議論白熱の結果、内容が展示会直前に大幅変更となりました。
展示会開催日が迫っており、タイトなスケジュールでしたが、全力で対応した結果、お客様には、「七旺社さんの対応に久しぶりに感動しました!」と感謝のお声を頂きました。
 

学校広報誌の打合せで. . .「今までの業者とは一味違う」

ご担当の方が熱心で色々なお考えをお持ちだったので、こちらからもアイデアを提案させていただきました。ほんの一例ですが、当初、ご担当の方は、文化祭パンフレットの表紙として応募された生徒の作品全部を紙面に盛り込むことがご希望でしたが、それでは印象が散漫になるかと思い、文化祭パンフレットの表紙に選ばれた作品のみを中心に大きく配置した紙面作りを提案しました。広報誌をご覧になった保護者の皆様から、「今までの業者とは一味違う」とご好評を頂きました。
 

論文編集中に. . .「確認漏れを指摘してもらって助かった」

先生が執筆された論文中に些細な文字間違いがあることに気付き、お伝えしたところ、 「委員会の校閲から漏れてしまった箇所を指摘してもらって助かった」とのお声を頂きました。
 
 

印刷・加工製本など外注交渉担当
部長:沖田 弘善

オフセット印刷1級技能士の資格を獲得してから早23年も経ちます。

印刷に限らず加工・製本及び紙などに関して興味が尽きることはありません。のどまでスパッと開く単行本など手にとると、思わず本の背をまじまじと見てしまいます。スゴイと思う印刷、スゴイと思う製本に目にふれる時、前進の原動力になっている気がします。

 

「かゆい所に手が届く」が目標の制作リーダーです
DDS室長:藤原 工輔

デザイン制作というと「PCで黙々と作業」というイメージがあるかもしれませんが、実は「人」とのコミュニケーションをとることが一番大事だと思っています。

お客様とのやり取りや社内での情報共有といった、人と関わる事が実は多いんですよね。

お客様の意図を正確に汲み取り、こちらからもご提案することで、より良い印刷物ができるよう日々努力しています。

 

きれい、かわいいものが大好きな編集・制作担当
島田 裕妃子

デザインものが得意です。入稿した写真を使って効果的な紙面を作るにはどうしたら良いか、表紙のイメージはもっとポップにする? シックにする? タイトルの書体はこんな感じがいいな、そんな事を考えるのが好きです。

出来上がったものがお客様から好評だったと担当営業から聞くと、肩こりも吹き飛び、「よっしゃ!」と思います。

絵画鑑賞が好きなので、夢は世界美術館巡り。行きたいところがまだまだあります。

 

文字組み大好きな編集・データ加工担当
中井 悦子

XMLマスター プロフェッショナル資格を持ち、大量文字物印刷の武器として利用しています。

文字を読むのが大好きです! 仕事中なのに、ついついお客様の原稿を熟読してしまいます……。

名簿? 宛名作成? シラバス(授業計画書)? 大量文字データの加工でお困りでしたら、まずはデータとご要望を私に投げてみてください!